kakara woolworks 

グループ

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


店長コーナー

カカラ店主

2019年5月で12周年! 紡ぎ車や手織機は、世界最高レベルの素晴らしい道具たち、手仕事の時間を少しでも快適に、楽しくワクワクするような素材、道具の紹介、イベント開催などしています。日本で唯一のファイバーフェスティバル、東京スピニングパーティーも毎年9月に企画開催中! 手紡ぎの仕事は電気要らない究極のエコ*

店長日記はこちら

モバイル

Feed

つくってあそぼう 藍染の絵本

つくってあそぼう
藍染の絵本

こどもにも分かりやすくおすすめ!

著者 山崎和樹 編
城芽ハヤト 絵
出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 36ページ


〜〜〜以下、農文協より抜粋〜〜〜〜
うすい水色から濃い青まで美しく染める藍。
生葉をミキサーにかけて染める生葉染めから、生葉を煮だした汁で染めたり、
すくもを発酵させる藍建て、沈殿藍づくり、銀茎と生葉、藍と黄はだの重ね染めまで藍染いろいろ。
解説(詳細)

1 藍色って、どんな色?
2 ジャパン・ブルーは江戸を代表する色
3 藍いろいろ、古代エジプトでも染められていた
4 吉野川が育てた阿波の藍玉
5 青は藍より出で・・・藍色、重ね染めいろいろ
6 緑の葉で、藍色が染まるしくみ
7 いろんな染め方で藍染をしよう
8 まずは、生葉で染めてみよう!
9 生葉を煮だして染める、煮だし染めに挑戦だ!
10 阿波の藍師のすくもづくり
11 すくもで「藍建て」してみよう!
12 藍建ての染料で、木綿を染めよう
13 沈殿藍をつくってみよう!
14 茎と生葉の重ね染めを楽しもう!
15 黄檗との重ね染めを楽しもう!



配送料はネコポスで378円です。
販売価格 2,700円(内税)
購入数

ピックアップ商品