kakara woolworks 

グループ

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


店長コーナー

カカラ店主

お蔭さまで、2017年5月で10周年! ★5月は特典を用意していますのでお楽しみに!★ これからも自信を持っておすすめできる道具たち、手仕事の時間を少しでも快適に、楽しくワクワクするような素材、道具の紹介、イベント開催など 頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 手紡ぎの仕事は電気要らない究極のエコ*

店長日記はこちら

モバイル

Feed


■ニュージーランドの羊■
■歴史

もともと、ニュージーランドに羊はいませんでした。
ニュージーランドに、初めて羊を持ち込んだのは、キャプテン・クック。
1769年、北アフリカから船で連れてきましたが、ニュージーランドの環境に対応できずに、生き残れませんでした。 その後、丈夫なメリノがオーストラリアで定着して、ニュージーランドに羊の群れが上陸したのは1834年のこと。


■Kakara Woolworksで取り扱っている羊の種類 (2009年11月更新)
Merino メリノ

世界でもっとも古くからいる羊。
1834年に初めてニュージーランドに紹介された。
1900年代まで、急激に増加したが、ロムニーやボーダーレスターのような多目的の羊に 取って代わられた。角のない種類のメリノもいる(Poll Merino)

短い角〜ぐるぐるの立派な角がある。白い顔。頭やほお、足にも毛がある。
首にはしわがある。フリースはとても密で弾力がある。
羊1頭で、メス40〜55kg、オスで53〜73kgで、
羊毛が平均1頭で、3,5kg〜5kgほど取れる。
ファイバーの直径:19〜24ミクロン
高級な羊毛製品、梳毛繊維のための羊。

ニュージーランド国内には、330万頭。

Polwarth /ポルワス

1880年オーストラリアで、メリノとリンカーンを交配されてできた種類。
1932年に初めてニュージーランドに輸入された。

角はない。白く柔らかい顔。ピンクの鼻孔。頭やほお 目の上、足にも毛がある。

羊1頭で、メス50〜60kg、オスで66〜80kgで、
羊毛は密でちぢれている。 羊毛が平均1頭で、5kgほど取れる。
ファイバーの直径:23〜25ミクロン

ニュージーランド国内には、16万頭。


Corriedale/ コリデール

1860年代に、ニュージーランド南等のオタゴ地方で
ジェームス リトルによって開発された種類。
メリノのメスとイングリッシュレスターか、リンカーンを交配させた。
ニュージーランドで一番有名な種類。

角はなく、柔らかい白い顔。黒めの色の鼻孔。
頭と足にも毛がある。
羊1頭で、メス65〜80kg、オスで85〜105kgで、
羊毛が平均1頭で、5,5kgほど取れる。
毛足は長めで、中番手。
ファイバーの直径:28〜33ミクロン
毛の用途:軽めのツイード、手編み糸。

Halfbred / ハーフブレッド

19世紀につくられた種類、メリノとレスターのような長毛の品種、または、リンカーンやロムニーの交配。

角はなく、白い顔。ピンク系か黒めの色の鼻孔。
頭とほおにも毛がある。また足もほとんど毛が生えている。
羊1頭で、メス40〜55kg、オスで53〜73kgで、
羊毛が平均1頭で、5kgほど取れる。
毛は厚みがある細番手。
ファイバーの直径:25〜31ミクロン
毛の用途:梳毛織物、良質なニットウエア。

New Zealand Romney / ニュージーランド ロムニー

イングランド南東部が起源。1853年にニュージーランドに上陸しました。
1900年代に急激に増加して、他の羊との交配種も生まれました。

Romney  × Cheviot = Perendale
Romney  × Border Leicester = Coopworth

角がない。白い顔。黒い鼻孔。頭とほおにも毛がある。
足も毛で覆われている。
羊1頭で、メス45〜65kg、オスで60〜86kgで、
羊毛が平均1頭で、5,5kgほどとれる。
重さのある羊毛で、少し光沢あり。
ファイバーの直径:33〜40ミクロン

羊毛の60%ほどがカーペットに使用される。ブランケットや、編物糸。

■Perendale ペレンデール

1960年に登録された。チェビオットとロムニーの交配で、パーマストン・ノースにある当時農業大学だったMassey University のぺレン教授(のちにジョフレイ卿)によりつくられました。

ペレンデールは丘の多い地域で遊び、このウールはとても高品質で、特にブランケット用に必要とされています。

黒い小鼻が特徴。
角がない。白い顔、黒い鼻孔。ぴんとたった耳。足には毛はない。
羊1頭で、メス50〜60kg、オスで66〜80kgで、
羊毛が平均1頭で、4,3kgほど。
羊毛は長く、少し光沢あり。弾力もほどよくある。
ファイバーの直径:31〜35ミクロン


ニュージーランド国内には、310万頭


Gotland Pelt/ ゴットランド ペルト

スウェーデンのゴットランド島が起源。
1986年にニュージーランドに初上陸しました。
ニュージーランドではまだまだ珍しい種類で300頭ほどしかいない。

角はなく、黒い顔が特徴。頭や足部分には毛はない。
羊1頭で、メス50〜65kg、オスで66〜86kgで、
羊毛が平均1頭で、3,5kgほど。
羊毛の色はブルーグレー系が多く、パーマをかけたようにカールしていてクリンクリン!
とても光沢がある。
ファイバーの直径:27〜33ミクロン
毛の用途:主にヨーロッパで、毛皮など高級ファッション業界で使われる。

参考書籍:Pocket Guide to Sheep Breeds of NZ
Short History of Sheep in New Zealand


■ニュージーランドのスピニング事情■
世界で一番、紡ぐ人がいる?

ニュージーランドは、オーストラリアについで羊の多い国!?
ではなくなってしまいました。
2009年現在、残念ながらニュージーランドの羊の数は年々減少中
中国やインドなどに抜かされています。
ですが、紡ぐ人口はまだまだ多いのです。


どこの小さな町にも、スピニングクラブがある!?

本当に、どんな小さな町でも、スピニングクラブがあります。
週に1回や2回、公共の場所で、または個人の家に集まって、お茶やお菓子を持ち寄って、
みんなで作品を見せ合ったり、批評や、おしゃべりをしながら糸を紡ぎます。


紡ぐ人の年齢層は?

たいていは、おばあちゃんです。
たまに、男性で、すごくうまい方もいます。
若い人は、忙しいから(?)と、あまり興味がないよう(?)で、めったに会いません。
この先、ニュージーランドの紡ぎ手が減少することが心配です。
もっと 日本のように若い人が、紡ぎに興味を持てたらいいですね。

ニュージーランドのおばあちゃん達は、本当に飛ぶように元気で若い!


自分の羊から紡ぐこと!

そうです。ニュージーランドならでは!
自分のファームの羊から取れたウールで 紡いでいる人がたくさんいます。
中には、ファームの羊はすべて、スピニング用に育てているというファームもあります。
なので、交配されて、いろいろな色のナチュラルカラーの羊がたくさんいます。


クリエイティブ ファイバー フェスティバル

1年に1回ニュージーランドのどこかで開催される、クリエイティブ ファイバー フェスティバルには、
ニュージーランド中から、スピナー(紡ぎ人)、ニッター(編む人)、ウィバー(織り人)
が集結します。

この期間は、会場周辺は熱気ムンムンで、たくさんの作品の競演をみることができます。


紡ぎ車会社

ニュージーランドには、紡ぎ車会社がたくさんあります。ちょっと数えただけでも4社。
南島のアシュバートンには、おなじみのアッシュフォードは世界で一番大きな紡ぎ車の会社。
今は2代目の社長さんです。 他にも、同じ町に、小さな紡ぎ車の会社もあり。
ネルソンというところにも一つ。小さな手作りの紡ぎ車の会社。

マジャクラフトは、北島のタウランガという港町にあります。





ピックアップ商品